転職を考えているのなら、35歳前にすべき

 最近では終身雇用という言葉をあまり聞かなくなりました。日本でも経済の状況、生活環境が変化し、終身雇用という制度が段々と社会に馴染まなくなっているのかもしれません。そんな日本の社会において、転職するという人も増えてます。実は私も35歳で転職しました。今日は、そんな私の体験も基に、転職するなら若いうちが良いということを記したいと思います。

 

 

 私は大学を卒業してから、ゼネコンへ就職しました。なぜなら大学で専攻していたのが土木工学だったからです。しかし、結婚し、さらに30代になったときに親の健康状態がどんどん悪化しました。そのため、実家に帰って介護をする必要が生じました。そのときに、転職を考えました。

 

 35歳で仕事を辞め、実家に帰りました。そして仕事を探しました。以前の経験が生かせる仕事が少なく、やっと見つかった仕事はスーパーの店員で、半年後に正社員として採用するというものでした。それまで客商売をやったことがなかったので、精神的にものすごく疲れました。もちろん今は慣れました。

 

 そのときに気づいたのが、転職する年齢です。もしこれが20代だったらどうだったでしょうか。人から新しいことを教わりやすかったと思いますし、周りも気を遣わなかったのではないかと思います。仕事とといのは、20代の苦労が30代へとつながっていくものだと思います。

 

【おすすめページ】
40代 転職
40代の転職を成功させるためのコツ知りたい方はこちら!

 

各種統計調査|厚生労働省

 

 しかし、30代半ばで転職すると、その苦労がありません。それでも仕事をこなさなければなりません。新しい職場へ転職すると自分の想像以上に、苦労を伴います。何度も精神的に折れそうになりました。もし、今の仕事に不満があって、転職を考えている30代半ばの人がいるならば、もう一度転職した後のことを冷静に考えてほしいと思います。