20代の大卒は転職しやすいけれど……

 現在は20代であっても転職を現実的に考えなければならないほどに、経済情勢が厳しいのですが、ではいつごろから転職について考えていけば良いのでしょうか?

条件を精査しよう

 マイナビニュースによると、20代でも第二新卒扱いとなるのかどうか、という点が大きな分かれ道になっていると言われています。第二新卒ということは、キャリアが浅いと看做されているという意味ですので、応募したい業界や職種などの傾向などをよく研究してみてから転職活動に移りましょう。

 

 加えて、大卒の場合であれば応募できる求人は多くなりますが、高卒や中卒の場合であれば求人の幅にも制限がかかりますので、そこも注意が必要となります。もし、経済的、時間的な余裕を持っているのなら大学へ入学して大卒となっておく方が今後のことも考えると有利になるでしょう。なぜなら、今後、また転職などを考える機会がないとは言い切れないからです。できるだけ、求人は幅広く利用できた方が有利であることは言うまでもありませんね。

 

 20代であれば公務員の中途採用も多く受けることができますので、そちらも考えてみてください。こちらも大卒、高卒で受けられる分類が異なりますので大卒の方が有利です。

 

油断大敵

 20代の転職はそれより上の年代と比べて、非常に成功しやすいのが特徴ではありますが、だからこそ慎重にならなければならない面もあります。転職回数が多ければ多いほど、転職癖があると見なされて30代以降になった時に損をしてしまう可能性があるからです。大卒や20代という採用されやすいアドバンテージを無駄にしないようにして下さい。