転職は、退職前の準備が大切

 一昔前の世代のお父さんたちは、時には家庭をも犠牲にしながらがむしゃらに働いて、社会に貢献をする企業人が多かったものです。まじめで勤勉な日本人の性格は、戦後の日本を急成長させる程のパワーがありました。

 今の若者も真面目で勤勉な事には変わりなく、世界的に見ても仕事の能力はとても高いと言われています。しかし、その仕事内容がどうしても自分に合わず、転職をして心機一転したいと願う人が多いのも事実で、近年の若者は入社後わずか数年で退職をする傾向が高まっています。就職活動時代はとても大変な戦いだった事と思いますが、転職活動もまた大変な時代であると言えるでしょう。

 

(お役立ち情報)
30代後半からの転職
30代の後半に差し掛かって技術も身についている方なら転職の成功率は高い

 

 そんな厳しい転職を成功させるには、それなりの準備が大切です。何も武器を持たずに他の多くの転職組と戦えるはずもないからです。先ずは、自分がやりたい仕事が何なのか、今の業種や仕事内容を引き続きやって行きたいのかを、しっかりと考え直す事は基本です。ハッキリとした仕事のビジョンがあるのなら、その業界の動向や企業の調査、求人状況の調査はとても重要です。タイミングも大切なので、急いで退職願を提出する事は避けて、じっくりと時間をかけ今が転職に適切な時期なのかも考える事をお勧めします。

 

 今の会社に在籍している内に出来る事もあります。同じ業界でこの先も働きたいのなら、仕事の取引先や関係者から転職に関する多くの情報を聴き出せるかも知れません。中には、もっと良い労働環境の企業からの誘いや、有益なアドバイスなどをも貰える事もあります。情報は、失敗しない転職の為には、必要不可欠なものであると言う事です。そして、退職後はなるべく時間を空けずに早い段階で再就職先の内定を取り付ける事もポイントであり、情報力がそれを左右するのです。