志望動機をハッキリさせて面接上手になろう!

 転職をする際に1番の難関とされる面接。書類審査には通るけれど、いつもここで引っかかってしまうという方は、志望動機が曖昧になっていませんか?とても魅力的な人物だと判断されていても、そこでつまづいてしまってはイメージダウン。

言ってはいけない志望動機をいくつか挙げておきます。「御社で勉強させて頂きたい」これはやる気に関しては何も問題ないのですが、貢献しようという気持ちが無いと判断されがちです。とても受け身な人物とがっかりされる可能性大です。「待遇が良かったから」休み・残業・給料の待遇面はとても大切です。

 

《参考ページ》
キャリア 求人
キャリアアップを前提に転職したい方必見

 

 しかし、そのことばかりを気にしている姿勢を見せると、もっと待遇の良い企業が見つかれば辞めてしまうのでは?と判断されてしまいます。事業・仕事内容に関した動機を述べましょう。「家から近かった」「地元で働きたいと思ったので」こういった場所で会社を選びましたという動機が案外多いそうです。正直者という印象は持たれますが、仕事に対しての情熱は全く伝わりません。仕事を任せても大丈夫だろうか・・・そんな気持ちになってしまいますね。会社のHPは必ずチェックし、その企業が将来どのように成長するか?そこで自分がどう貢献できるか?想像力を働かせて動機を語ると好印象に繋がるようです。