20代の転職での面接は素直な気持ちが逆に好印象

 私が転職活動を行っていた20代ではITブームで、ソフトウェア開発の仕事というものが非常に多くあふれていました。よほどの大企業でない限りは、平均的な成績を収めた学生なら大抵は入社することができました。

 私も当時、何気なく通っていたパソコンの専門学校でそれなりに国家資格に合格することもでき、いくつかの内定を頂いている状態でした。それでもこれだけ内定通知が来るのなら、もうちょっとネームヴァリューのある企業も野心が働き、今思えば自分の能力以上の入社試験を受けていたと思います。

 

 そのせいか、内定通知を頂いた企業に入社意思を示すことなく、すべて期限が切れてしまい、周囲は転職活動で成功していたが、私だけは汗だくになりながら転職活動に励んでいました。

 

 結局、すべてが後手後手に回ってしまい、狙っていた会社などすでになく、ほぼ飛び込みで入社できるようなところを探す羽目になってしまいましたが、それでも企業側からしても20代で入社してすぐ転職なんて好意的にみることもなく、私は焦りに焦っていました。

 

関連ページ
転職サイト 20代
20代のに是非利用してほしい転職サイトが閲覧できる。転職サイトの種類もいくつかあるので、特徴を踏まえて選択してほしい。
xn--20-mg4avcyex51tis7dwdya.asia

 

 もう何をしてもダメだと思った最後のとある会社の最終面接で、私はなぜまだ内定が取れていないのかなどの説明をすべて話すことにしました。もうどうにでもなれという気持ちからでしたが、なんと当時の採用担当の方が、そこまでのやる気を持っているのならと逆に褒めてくださり、その場で口約束とはいえ、即入社ですと言って頂いたのです。

 

 巷に溢れる面接必勝ブックなどに掲載されていることとは反対の行為でしたが、そういう気持ちが伝わることもあるのだと思ったことを覚えています。