派遣社員という働き方それとも正社員を選ぶべきなのか

 関東に住んでいた頃、副業をしながらできる平日の仕事を探した際、派遣社員という働き方を選びました。

 

 副業というのは土日に仕事を行う、カメラマンの仕事でした。

 

 全くカメラマンとしての経験が無かったため正社員として採用は難しく、まずは土日に副業として経験を積み、その後に本業として働くことができたらということでこの働き方を選びました。

 まずは複数の派遣会社に登録し、連絡を待ちました。思ったよりも早く沢山の仕事を紹介してもらうことができたのですが、「土日休み」という譲れない条件が二の次にされていることがあり、なかなか仕事が決まりませんでした。

 

 そのうち、登録していた中ではあまり大きくない派遣会社から連絡があり、話を聞いてみると「カメラマンの仕事を目指しているということなので、広告関係の仕事に関われる仕事があり、ピッタリなのではないかということで紹介します」というお話でした。

 

 顔合わせに行き、土日こういう副業をします、という話をすると、先方は快諾してくださりそこからはトントン拍子で仕事が決まりました。

 

 

おすすめ記事
正社員 求人
正社員の求人に応募するときに注意すること、また正社員としての応募が多い求人サイトを見ることが可能です。
xn--gmqu3m45vsza288b.net

 

 

 その後もさまざまな場面でその派遣会社の担当の方にはお世話になりました。派遣先で大きな問題も無く、そして副業と両立できたのはこの担当の方のおかげといっても過言ではありません。それに、派遣会社の方が考えてくださったように、仕事の中でカメラマンという仕事に役立つ経験を沢山させていただくこともできました。

 

 転職を考えたとき、この派遣会社に出会えたのはとても運が良かったなと思っています。

 

 まずは派遣から技術を身に付けて正社員として就職するときに活かすことも考えてみてください。