外資系転職成功術と転職エージェントランキング

目次

  • 外資系企業へ転職する魅力とは?
  • 外資系企業が求めるものとは?
  • 転職支援サイトを利用するメリットとは?

 

外資系企業へ転職する魅力的な理由

外資系企業は業務の決断が早く、年齢や性別を問わず実力主義で成果を出せば、
それが昇格や金銭面で成果報酬として返ってくるのが特徴です。
日系企業の平均年収は、1000万を超えが全体の3.8%、
年収2000万円を稼いでいる人はたった0.4%で総合商社、
大手テレビ局、広告代理店などの業界で勤務すれば可能です。
しかし、外資系金融や外資系コンサルティングファームでは、
30代でその領域に到達できることが可能なのです。

 

外資系企業が求めるもの

転職時に外資系企業が求めるものは、ビジネスを成功に導いてくれる優秀な人材です。
日本でのビジネス拡大や成長に向けて与えられた仕事の範囲を超えられるタフであること、
また日本のマーケットはどの産業や分野においても規制が厳しく、外資企業の参入が難しいため、
特定のマーケットに関して深い造詣や知識と経験があり、またコネクションがあるならば、
その企業にとって非常に価値ある人材となります。
さらに新しいアイデアで市場を開拓できる能力があり、
語学だけではなく外国人の上司と自由なやり取りができるような
卓越したコミュニケーション能力の持ち主が求められます。

 

転職支援サイトを利用するメリット

一般的に転職活動を成功させるためにかかる所要時間は、約1か月から半年を要します。
転職活動は、転職先企業の情報収集とそれに向けた履歴書や職務経歴書の準備が必要です。
転職支援サイトを利用すると、企業の広範囲な深い情報をサイトは保有しているため
、企業の最新情報が入手でき、専任コンサルタントに相談すると、
希望や志向性を理解してくれて自分に合った案件を紹介してくれるだけでなく、
企業に対する質問も代弁してくれるので効率的に転職活動が行えます。

 

 

 

人気ページ
高卒【決める】就職リサーチ特集!
高卒の就職をスムーズに進めるために!

 

 

 

 転職を考えたときに、まずは資格取得に動く人は一定数存在すると思われます。資格は就職に有利だという印象がありますし、一つでも自分を良く見せる肩書きのようなものが欲しいというときに、手軽に取得することができる資格はいくつも存在するためです。

 

 また自分の就きたい仕事に関連のある資格や、特定の資格を持っていなければ就職することのできない職場で働きたいというならば、資格を得ることは何よりも優先したいことになります。

 

 

続きを読む≫ 2014/09/11 13:41:11

 現在は20代であっても転職を現実的に考えなければならないほどに、経済情勢が厳しいのですが、ではいつごろから転職について考えていけば良いのでしょうか?

続きを読む≫ 2013/09/26 13:46:26 ニュース

 私はこれまで3度の転職をしています。しかも、1年間でです!
 私は大学院を修了し結構な年ですが、就職活動や転職は20代ならやればなんとかなるようです。
 新卒で入社した会社は、給与面ではまったく文句がありませんでした。
 ただし、社内ではパワハラが横行しており、辞めていく社員が後を絶ちませんでした。
 半年経過する頃、体調を崩してしまい退社に至りました。
 その時は都心にいたので、田舎ですが実家に帰る決意をし、地元に戻りました。

 大学で福祉を4年間学んでいた私は、卒業にあたって一般企業に就職をするか、福祉系の仕事をするか悩んでいました。

 

 一般企業は3回生の冬から、福祉系は4回生の秋から就職活動が始まるのが一般的で、福祉科以外の友人が先に活動を始めました。

 

 私も周りを見ていて不安になり、一般企業にも20社程度エントリーしました。

 現在50歳ですが、これまでに何度も転職を経験してきました。今回は自分が転職をする側の話ではなく、転職者を求める側で体験した裏話を書こうと思います。私は今まで、正社員として、または派遣社員として様々な企業で働きましたが、ほとんどが100名以下の中小企業でした。

転職が成功しやすくなる時期がある

 livedoorNEWSライフにて、転職に向いている時期と向いていない時期があるとの記事が紹介されています。転職に関する情報を収集して適切なタイミングでスタートさせる事は重要なのですが、自分の内面をよく観察してみる事も大切という内容のものになっています。

 

転職活動をスタートさせる良いタイミングとは?

 転職をしたいと考えている人がいても、その人に元気で快活なオーラが満ちていなければ転職に失敗する可能性が高く、元気なオーラが満ちていて周囲の人のポジティブな印象を与えている人は転職活動に成功する可能性が高くなると言います。誰でも仕事面で調子が良い時と悪い時がありますが、転職活動をスタートさせるなら調子の良い時期のほうが有利なのです。

 

 


 近年、非常に就職が厳しくなっており、就職大氷河期とも呼ばれる時代がありました。現在、株価は13000円台となっており順調に経済は回復していますし、内定者数もパーセンテージとしては増えています。少しずつ、就活もしやすくなっている傾向にあるのが現状です。


 就職活動をしたにもかかわらず内定がもらえず学校卒業後も就活を続けている人がいます。こうした人は既卒者といい、出身校としても既に過去の人です。仮に学生時代、就職担当の先生と懇意にしてしていたとしても、新卒者の採用は4月入社に向けて年間スケジュールが動いていますから、協力を得ることはなかなか難しいのが現状です。

 

 ですが、一番の強味はまだまだ若いということです。やる気が評価され、可能性が期待できる年代でもあります。


 既卒者とは、学卒後様々な理由によって一度も就職することなく数年経った人のことをいいます。ですからニートの場合もあるでしょうし、アメリカの大学院入学目指してTOFELのスコア獲得のために、あるいは公務員や弁護士試験合格めざして勉強していたりとか様々です。ですから、もし仮にニートであったなら、ことさらにそれを表に出さずに就職活動することをお勧めします。就職しようと行動した時点で、あなたはニートとは決別したのですから、いまさら面倒くさい受け応えはできれば避けた方が賢明です。

昨年大学を卒業し、中小企業で正社員として働いています。扱い・待遇があまりにひどいので、転職をしようかと思っています。働きはじめてすぐに転職をするのはあまり良くないのでしょうか?


 就職後、すぐに転職をすると経歴にキズがついてしまうと言われています。転職が一般的になってきた時代ですが、あまりに早すぎると忍耐力のない人材だ、と評価されてしまうことがあるのです。基本的には、3年以上勤続してから転職活動をするべきだ、と言われています。「岩の上にも三年」という言葉の影響が強いのかもしれません。