外資系転職成功術と転職エージェントランキング

目次

  • 外資系企業へ転職する魅力とは?
  • 外資系企業が求めるものとは?
  • 転職支援サイトを利用するメリットとは?

 

外資系企業へ転職する魅力的な理由

外資系企業は業務の決断が早く、年齢や性別を問わず実力主義で成果を出せば、
それが昇格や金銭面で成果報酬として返ってくるのが特徴です。
日系企業の平均年収は、1000万を超えが全体の3.8%、
年収2000万円を稼いでいる人はたった0.4%で総合商社、
大手テレビ局、広告代理店などの業界で勤務すれば可能です。
しかし、外資系金融や外資系コンサルティングファームでは、
30代でその領域に到達できることが可能なのです。

 

外資系企業が求めるもの

転職時に外資系企業が求めるものは、ビジネスを成功に導いてくれる優秀な人材です。
日本でのビジネス拡大や成長に向けて与えられた仕事の範囲を超えられるタフであること、
また日本のマーケットはどの産業や分野においても規制が厳しく、外資企業の参入が難しいため、
特定のマーケットに関して深い造詣や知識と経験があり、またコネクションがあるならば、
その企業にとって非常に価値ある人材となります。
さらに新しいアイデアで市場を開拓できる能力があり、
語学だけではなく外国人の上司と自由なやり取りができるような
卓越したコミュニケーション能力の持ち主が求められます。

 

転職支援サイトを利用するメリット

一般的に転職活動を成功させるためにかかる所要時間は、約1か月から半年を要します。
転職活動は、転職先企業の情報収集とそれに向けた履歴書や職務経歴書の準備が必要です。
転職支援サイトを利用すると、企業の広範囲な深い情報をサイトは保有しているため
、企業の最新情報が入手でき、専任コンサルタントに相談すると、
希望や志向性を理解してくれて自分に合った案件を紹介してくれるだけでなく、
企業に対する質問も代弁してくれるので効率的に転職活動が行えます。

 

 

 

 

 

 

 一昔前の世代のお父さんたちは、時には家庭をも犠牲にしながらがむしゃらに働いて、社会に貢献をする企業人が多かったものです。まじめで勤勉な日本人の性格は、戦後の日本を急成長させる程のパワーがありました。

 転職をする際に1番の難関とされる面接。書類審査には通るけれど、いつもここで引っかかってしまうという方は、志望動機が曖昧になっていませんか?とても魅力的な人物だと判断されていても、そこでつまづいてしまってはイメージダウン。

 中高年の転職に成功するには、全てにおいて小奇麗にすることです。転職活動では自分以外は全てライバルですが、中高年の場合のライバルは若年者です。若さがライバルと言ってもいいでしょう。若年者の若さに勝つには、まず身だしなみです。

 現在は20代であっても転職を現実的に考えなければならないほどに、経済情勢が厳しいのですが、ではいつごろから転職について考えていけば良いのでしょうか?

続きを読む≫ 2013/09/26 13:46:26 ニュース

 私は建設会社の事務員として若いころからずっと同じ会社で勤務していました。その間、建設業経理事務士1級の資格を取得し、経理主任として責任ある仕事に満足していました。しかし公共工事の減少により、給料もボーナスも年々減少し、転職を考えるようになりました。

 私はこれまで3度の転職をしています。しかも、1年間でです!
 私は大学院を修了し結構な年ですが、就職活動や転職は20代ならやればなんとかなるようです。
 新卒で入社した会社は、給与面ではまったく文句がありませんでした。
 ただし、社内ではパワハラが横行しており、辞めていく社員が後を絶ちませんでした。
 半年経過する頃、体調を崩してしまい退社に至りました。
 その時は都心にいたので、田舎ですが実家に帰る決意をし、地元に戻りました。


 新卒で商社に勤めて、五年経ち、単純仕事にも飽きた頃、結婚してからも使える資格をとろうかなと考え始めました。

 

 医療事務なら、あまりお金も時間もかからないで資格がとれるということで、会社を辞めて、三ヶ月間某派遣会社が開いている講座に通いました。

 

 通信教育という方法もありましたが、たぶん続かないだろうなと思ったので、通学のほうを選びました。

 大学で福祉を4年間学んでいた私は、卒業にあたって一般企業に就職をするか、福祉系の仕事をするか悩んでいました。

 

 一般企業は3回生の冬から、福祉系は4回生の秋から就職活動が始まるのが一般的で、福祉科以外の友人が先に活動を始めました。

 

 私も周りを見ていて不安になり、一般企業にも20社程度エントリーしました。

 私が転職活動を行っていた20代ではITブームで、ソフトウェア開発の仕事というものが非常に多くあふれていました。よほどの大企業でない限りは、平均的な成績を収めた学生なら大抵は入社することができました。

 50代で経験した転職活動をもとに、転職活動で成功するために必要と思われることを書いておきます。社会で活躍する人は誰しもが転職活動を経験しています。

 

 いくら優秀な人でも、すべての人が第一志望の企業に内定をもらうことはできません。内定をもらうために私たちがすべきことは徹底した自己分析と企業研究に尽きるでしょう。